3月のシーン

7年前の3月11日は金曜日だった。


その日の金曜ロードショーは、阿部サダヲ主演の「泣くもんか」を放送する予定だった。
私はそれを見るのを楽しみにしていたのだ。

ある穏やかな春晴れの日だった。

その頃はというと、高校の卒業式も終え、上京までの残り日数をただ漫然と消費していくだけの日々だった。
好きな時間に起きる。午後からは、卒業ライヴのバンド練習を友達の家にしにいく。夜は友達と遊ぶ。
そのルーティーンだった。

そしてこの日も、いつものようにヤマハのボロボロの原付で、友達の家にバンド練習に向かったのだった。

友達の家(というかバンド練習用のコンテナみたいな所)では、二つのバンドが交代制で練習するようにしていた。

私はこの二つのバンドでギターを掛け持ちしていた。

一つ目のバンドはボーカルとベースが女の子のメロコアコピーバンド

二つ目は、フジファブリックコピーバンド


実は、一つ目のメロコアバンドのベースの女の子を、私は好きだった。

その子は、高校3年になる直前の春に告白して、しっかり撃沈していた。

気持ちよくフラれてからは「好きでした!」という感情すらおこがましく感じていたが、きっとまだこの頃は好意も残っていたのだろう。


好きだった子とバンドをやる。鬼畜の諸行だ。


このバンドが結成された経緯を、はっきり覚えていない。たしか誘われたから入った。それだけの事だった気がする。


いつものようにバンド練習が開始された。最初は例の、彼女とのバンドだ。

練習を開始してしばらくたった頃、地面がゆっくり、そして嫌に長く、静かに揺れ始めた。

どれくらいその時間が続いたが覚えていない。別に立っていられないほどの激しい揺れがあった訳でもない。

振動が収まった頃、ほどなくして、町のスピーカーから大音量のサイレンが鳴り始めた。

この町で生まれ育って、はじめて聞く音だった。

私の生まれた場所は、人口も1万人を切る、周りを海で囲まれた小さな田舎町だ。

このサイレンの後にアナウンスされたのは、地震による津波警報だった。



バンド練習から帰宅後、テレビをつけると、とんでもない映像が流れていた。しかもどのチャンネルに回しても同じ内容だった。

私は自宅に帰宅するまで、事態を全く把握していなかった。
                   
この日の夜「泣くもんか」は放送を見送られた。





後日。





あとから知った事だが、好きだったベースの女の子は、フジファブリックコピーバンドのボーカルと、この頃ちょうど付き合い始めたらしい。


私はというと、上京する前日、メロコアバンドのボーカルの女の子に告白された。

わざわざ彼女は私の自宅まで原付で来たのだ。

私たちは付き合う事になった。




付き合ってから彼女からメールが頻繁に来るようになった。

私はすでに猛烈に後悔していた。

返信するのも憂鬱になり、私はただ、メールラリーの間隔をひたすら遅れさせる事しか出来なくなった。


上京してすぐの東京は、計画停電の真っ最中だった。

それにかこつけて「電池が切れて返事ができなくなった」などと嘘をついた。


一週間も経たない内に、関係は終了した。

ガキの使いブラックフェイス問題~日本のお笑いのこれからについて~


想像してください。











f:id:gorilla1992:20180106181742p:plain

  



















坂上忍と、ヒロミと、梅沢富美男の、説教部屋。


























f:id:gorilla1992:20180106182641j:plain

懺悔~00年代後半 編~


ダイノジ大谷の不良芸人日記を有り難がって読んでいた。

0709中野サンプラザ

f:id:gorilla1992:20170709233529j:plain







1. SPARKLE

2.いつか(SOMEDAY)

3.ドーナツ ソング

4.僕らの夏の夢

5.風の回廊

6.guilty(カバー)

7.FUTARI

8.潮騒

9.ターナーの汽罐車(アコースティックセット)
                   
10.It's not unusual(カバー)

11.the war song

12.so much in love(アカペラカバー)

13.stand by me(アカペラカバー)

14.クリスマスイブ

15.蒼氓

16.Get back in love

17.メリーゴーラウンド

18.Lets dance baby

19.高気圧ガール

20.Circus town

アンコール

21.ハイティーンブギ(カバー)

22.Ride on time

23.パレード

24.ラストステップ

25.Your eyes






感想:


最高。

【閲覧注意】ブラックボックス展に行った結果


今、話題のブラックボックス展に行ってきました。











f:id:gorilla1992:20170618165202j:plain















中はこんな感じ。















f:id:gorilla1992:20170618165240j:plain
















結論。









・こんな糞みたいな所、行くわけがない。ここに行った人間、サザエbotをフォローしてる人間、全員人格を疑う。気持ち悪い。

20170614

今日、元カノが通っていた大学の目の前で仕事をした。





終始、切なかった~。





むかし、僕もこのキャンパスに遊びに行って、授業を受けたりした。

彼女は夜間の学生だったんだ。
昼間は一生懸命バイトして。




彼女の家で、すかんちやSTAnやノエルギャラガー、razika、summer camp、色々聴いたね~。


何故か2001年のクイックジャパン(キセル表紙)が1冊だけあったね~。



この前、google mapで彼女が住んでた町を調べたら、近所にあったGEOがピザ屋さんに変わってたね~。






彼女に限らず、友達でも、誰でも、疎遠になってしまった人たちに対して、懺悔したい気持ちでいっぱいになる。


ごめんなさい、とか、また会いたいな、とか思う頃には、いつもすでに手遅れなんだよな。





きっと彼女からしたら思い出したくもない、ひどく憎悪をともなう過去なんだろうな。悲しいけれど。




元気にしてるかな。元気にしていたらそれだけでいい。元気にしてるといいな。